プロフィール

ドギーズガーデンのおっちゃん

Author:ドギーズガーデンのおっちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

なんで犬やねん? ドギーズガーデンの目指せ世界一のドッグラン
世界一のドッグランを目指しています。
雨だから考えてみました。
こんにちは!ドギーズガーデンです。

せっかくの土曜日なのに雨でした。
夕方に雨が上がり、わんこさんたち遊びに来てくれました。


毎日毎日忙しく過ごしていると立ち止まって考えることがなかなか、ないのですが様々なことが日々起こっていて、そのまま立ち止まらずに、考えずに進んでいく日々です。

今日は雨で特にやることもないので(実はたくさんあるのですが)ドッグランについて考えてみました。
来年度の活動の方針にもなるかなとの思いでこれまでを振り返り、これからどう進むかを考えてみました。

ドッグランには様々な人とわんちゃんが来てくれています。
どの飼主さんもわんちゃんも楽しく過ごしてくれていると思っています。

ただ、犬関連のニュース、セミナーへの参加等では、犬との共生の為にたくさんの問題が存在しています。

1番は殺処分でしょう。
これは個人的な意見ですが、原因の一つに犬への理解不足により、途中で飼育を放棄してしまうこともあるのではないかと思います。

社会化としつけをきちんと行うことが一番重要なのではないかと思います。

犬の飼い主を英語では Dog Owner(犬の所有者)と言うのですが、最近は保護団体が Guardian(保護者)と呼ぶことを推奨する活動をしているそうです。

呼び方が違うだけやん!と思われる方のいらっしゃるかもしれませんが、私は使う言葉で意識することが変わり、行動も変わると思っているので、この活動には賛成です。

保護する者とは「身体的精神的機能や生活に必要な能力などが低下している者や未熟な者などについて,その環境や他者による害悪また本人が自分を害する行為に対して,安全の確保,環境の調整,また必要な援助の付与など,その者のためになるように取り計らうこと。」と大辞林 第三版の解説に在りました。

要は弱者を守る人と解釈できます。人間社会では犬の生死を握っているのは人間です。犬は人間社会では弱者ですね。

飼主さんはその弱者を守る責任があり、また人間社会も犬だけではなくすべての生物を守る責任があると思います。

全てを背負うことは個人では無理ですが、この考えに共感をもって普段の生活を過ごすことで貢献できるかなと思います。

ドギーズガーデンも来年の活動のテーマとして「Proper Guarfdian of Dog(適性な犬の保護者)」としてドッグランを利用してもらえるよう活動していきたいなと思います。

いつだったか忘れましたが常連のお客さんが他のお客さへ注意している光景をみました。
状況は混雑時にボール遊びされているお客さんがいらっしゃり、その方へ「混雑時にボール遊びするとわんちゃん同士がボールの取り合いになり喧嘩になることもあるので、やめたほうがいいですよ」と注意されていました。

ドッグラン自体が日本ではまだ歴史が浅く、理想のドッグランの形が整っていないのが現状ではないかと思っていますが、
お客さん同士の声の掛け合いで安全で楽しい理想のドッグランの形の一つになるのかなと思いました。
まさにドッグランで遊ぶわんちゃんみんなを、保護していただいた瞬間でした。ありがとうございました。

48_20140919.jpg

明日は晴れるようなので楽しく、安全にたくさんのわんこたちが遊びにきてくれますように...

それでは!さいなら!





にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ドッグランへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://doggiesgarden.blog.fc2.com/tb.php/434-564201e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)